湯シャンでボリュームアップ

湯シャン(お湯シャンプー)でボリュームアップできる?

ペタンコ髪を改善したい人や、ボリュームアップした人、抜け毛が気になる人は、湯シャン(お湯シャンプー)というフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか。
芸能人の方も湯シャンをしていると話題になっているシャンプーの仕方ですが、本当に湯シャンは髪、頭皮に良いのでしょうか。

湯シャンを今から始めようとしている方や、本当に効果があるのか知りたい方に、私が湯シャンをやってみた経験から分かった湯シャンのメリット・デメリットをご紹介します。

ボリュームアップシャンプーランキング


湯シャンのやり方

湯シャンは、シャンプーを使わずにお湯だけで髪・頭皮を洗う方法です。お湯で流すだけで湯シャン完了!なんてやってしまうと、タダのめんどくさがり屋さんです。湯シャンを実践するにには、必要な道具、手順があります。

 

湯シャンに必要な道具

  • 大きめのブラシ(豚毛など動物の毛を使ったブラシがおすすめ)
  • シャワーヘッド(シャワーがないと湯シャンの継続は難しいです)
  • お風呂で快適に過ごすためのグッズ(本・TV・音楽など)

 

大きめのブラシ

ブラッシングは、湯シャンをする上で欠かすことのできないアイテムです。シャンプーを使わずに、お湯だけで頭皮・髪の汚れを落とさなければならない湯シャンは、入浴前のブラッシングが必要です。髪に付着しているチリやホコリを、ブラッシングで落としていきます。ブラッシングをすることで髪に付いた汚れのうち、約80%は落とせます。

 

髪の汚れをからめ捕りやすいブタ・イノシシの毛を使ったブラシングが効果的です。プラスチック製のクシは、髪との摩擦によって静電気が起きやすく髪の汚れが髪から離れてくれません。湯シャンには、髪の汚れをしっかり絡め捕ってくれる高級ブラシがマストアイテムです。

 

シャワーヘッド

湯シャンのやり方

湯シャンには、シャンプーで洗う場合よりたくさんのお湯が必要となります。シャワーがない場合は、風呂桶にお湯を貯めて、頭をかがめて洗い続けなければなりません。頭に血がのぼってしまうので、湯シャンは、シャワーを使った方が簡単にできます。

 

シャワーは、水流を調節できるので、毛穴の汚れを水流でたたき出すことができます。洗い始めは水流を強く、髪の根本付近に当てます。毛穴・頭皮の汚れを洗い出したら、髪全体をお湯で包むように弱い水流で流し続けます。仕上げは、髪の分け目を徐々に移動させながら、髪の毛全体をたっぷりのお湯で流します。

 

お風呂で快適に過ごすためのグッズ

湯シャン実践中は、お風呂の時間が長くなります。理由は、頭皮の汚れを浮かすには、長時間の入浴が必要だからです。

 

頭皮の汚れ(皮脂)を浮き上がらせるには、通常の入浴時間(30分程度)では短すぎます。最低60分は、入浴しないと頭皮にこびりついている皮脂を落としきれません。

 

長時間の入浴によって皮脂を浮き上がらせた後に、たっぷりのお湯で洗うことが湯シャンの正しい方法なのです。

 

湯シャンの手順

  1. お風呂に入る前に、しっかりとブラッシングを行う
  2. お風呂にゆっくりとつかる(最低30分以上)
  3. 頭皮を洗う前に、お湯で髪全体を洗い流す(予洗い)
  4. シャワーを強めにし、頭皮を叩くように水流で洗い流す
  5. 髪全体をお湯で包み込むように、たっぷりのお湯で3分〜5分洗い流す
  6. お風呂から出たらすぐに、髪の水分をタオルで拭き取る
  7. しっかりとドライヤーで髪をかわかす

湯シャンをするときに少ないお湯の量では、頭皮に皮脂が残ってしまい、ニオイの元になるので気をつけてください。また、短時間の入浴で湯シャンをしてしまうと、フケ・かゆみが出てきやすくなります。頭皮にジワッと汗が出てくるまで、お風呂につかってから湯シャンをしてください。

湯シャンプーのメリット・デメリット

湯シャンプーをするために必要な道具、湯シャンのやり方をまとめてみました。次に、湯シャンをやった時のメリット・デメリットをまとめてみます。

 

私が湯シャンをして感じたメリット・デメリットをまとめてみました。あたなの判断材料にしていただければ嬉しいです♪

メリット

  • 長時間の入浴でリラックスできる
  • 頭皮・髪にムダな刺激を与えない
  • 髪1本1本を素髪に戻せる
  • シャンプーを使わないので環境にやさしい
  • 湯シャンでも洗い上がりは悪くない

デメリット

  • 平日は、入浴に時間をかけられない
  • 湯シャンに慣れるまでがツライ
  • 汗をかく時期は頭皮のニオイが気になる
  • 髪の指通りが悪い
  • キシキシ感はどうしても出る
  • お湯を大量に使うのでガス代がかかる
  • 長風呂で家族から文句を言われる
  • 子供と一緒にお風呂に入ると湯シャンできない
  • サッパリ感がないので洗えているか不安
  • 言われているほどボリュームアップできない
  • シャンプー使った方が良いのではと疑心暗鬼

 

私の湯シャンは、まさにデメリットの圧勝でした!特に、お湯をたくさん使わなければいけないので、湯シャンにトライした月のガス代を見たときには後悔しかありませんでした。高級ボリュームアップシャンプー5本分ぐらいの請求が来ましたよ…・トホホ(ノД`)。

 

あまりの高額なガス代だったので、ダンナさんに申し訳ない気持ちになりました。長風呂をして子供にも迷惑をかけてしまい湯シャンは止めることにしました。

 

 

結論

湯シャンには、お金(ガス代)と時間(入浴時間)が普通のシャンプーよりも必要。
ボリュームアップシャンプーを使った方が、金銭的にも時間的にもお徳だと分かりました。


湯シャンプーに負けないボリュームアップシャンプー

私は、湯シャンプーをあきらめました。やってみるとボリュームアップシャンプーを使うよりも大変だったからです。もし、今のボリュームアップシャンプーに出会えていなかったら…湯シャンを途中で止められていたかは自信がありません。

 

自分に合ったボリュームアップシャンプーがないから、仕方なく湯シャンをされていませんか?
湯シャンで頭皮のニオイ本当に大丈夫ですか?
髪がキシキシしていて満足ですか?

 

アミノ酸系界面活性剤を使ったボリュームアップシャンプーを体験してください。私は、湯シャンよりも簡単・短時間でボリュームアップを実感することができました!ガス代にお金を取られるぐらいなら、ボリュームアップできるシャンプーを使ってください。

 

湯シャンよりも効果のあるボリュームアップシャンプーはこちら