頭頂部をボリュームアップ

頭頂部をボリュームアップさせる4つの方法

ぺたんこ髪のお悩みで気になる部分のTOP3は、
  1. 頭頂部
  2. 分け目
  3. 生え際
の3つです。

もともと、髪の細い人や猫っ毛の人は、ペタンコ髪になりやすい髪質です。

若いときに、髪が多くてボリュームのことなんて気にしたことがなかった女性でも、産後にホルモンバランスの崩れから髪質が変ってしまうことがあります。

特に、30代・40代・50代の女性で頭頂部の髪がぺたんこになるお悩みを抱えている女性は多いはずです。

ぺたんこ髪は、毎日のヘアケアで改善できます。

「年齢だから、しょうがないのかなぁ・・・」と、あきらめる前に、頭頂部をボリュームアップさせる3つの方法を試してください。

頭頂部をペタンコにさせない

頭頂部をボリュームアップさせる3つの方法

毎日のシャンプー・トリートメントを変える
頭頂部がペタンコになってしまう原因は、お使いのシャンプー・トリートメントの可能性があります。

お使いのシャンプーが、オイルシャンプーのような髪に潤いを与えたり、潤いを保ってくれるシャンプーではありませんか?

髪に潤いを与えるシャンプーは、髪の水分を保ち続けることを目的に成分を配合しています。

すると、髪の水分を逃さないために、髪の表面を薄く包むコーティング剤が多く含まれます。

30代・40代の髪は、年齢を重ねることで、髪のハリ・コシが減少していきます。

50代になると、鏡の前で頭頂部のボリューム不足に気づかれる女性がたくさんいらっしゃいます。

ハリ・コシが少なくなった髪は、コーティング剤で重くなった髪を支えることができません。

結果として、髪の根元からぺしゃんこになってしまうのです。

ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーは、、髪のコーティング力が少ない分、髪が軽くなります。

さらに、髪にハリコシを与えながら、適度な水分量を保ってくれます。

手触り感は、コーティング剤入りのシャンプーに比べると悪いかもしれませんが、頭頂部がペタンコになるよりはマシではないでしょうか。

トリートメントもノンシリコン系を選ぶと、シャンプーだけの時よりも指通りが良くなり、ハリコシ感も期待できます。

頭頂部をボリュームアップさせるシャンプーの選び方

ノンシリコン・シャンプーなら、どんなシャンプーでも良いというわけではありません。

市販のノンシリコンシャンプーは、洗浄力が強すぎるシャンプーが多いのでオススメできません。

頭皮と髪にやさしいアミノ酸系ノンシリコンシャンプーがオススメです。

洗浄力は、市販のものより少し弱く感じるかもしれません。

頭皮と髪に優しいので、2度洗いするなどして、サッパリと洗い上げてください。


オイル系のヘアケア剤を使わない
オイル系のヘアケア剤は、ダメージヘアのお手入れとしてたくさん売られています。

洗い流さないトリートメントや、ヘアクリームなどです

ハリ・コシの少ないペタンコ髪に、オイル系のヘアケア剤を使ってしまうと、ますますペタンコ髪になってしまいます。

オイルは少量


ヘアオイルで使われる成分は、、ツバキ油、ホホバオイル、モロッカンオイルです。

ヘアアイロンの使用前やバサバサと乾燥した毛先のダメージに、オイル系ヘアケア剤は欠かせません。

しかし、頭頂部付近のハリ・コシ不足を感じる部分に、使わないようにしてください。

オイルも髪をコーティングする働きがあります。

ダメージ髪に良いからと、オイルを大量に使ってしまうと髪全体が重くなってしまいボリュームダウンの原因になってしまいます。

ヘアオイルは、毛先を中心に使い、頭頂部は、少量だけにします。


ドライヤー・スタイリング剤を上手く使ってボリュームアップ
セット前のドライヤーのかけ方だけで、髪をボリュームアップさせることができます。

ドライヤーの使い方


ドライヤーは、頭頂部から毛先に向かって、ブローするとボリュームが出ません。

ボリュームアップさせるためには、毛先から頭頂部、特に髪の根元を立ちあげながら風を当てるようにします。

クシつきのドライヤーであれば、髪の根元から毛先に向かって髪の流れとは逆方向にクシを動かします。

根元からグググっと髪が立ち上がるので、自然なボリュームアップができます。

スタイリング剤で適度なボリューム感をキープ

ドライヤーをかけた直後は、全体の髪が逆立ってしまい爆発頭のようになっているかもしれません。

少量のヘアワックスを使うと、適度にボリュームを抑えながらふんわりとした髪型をキープできます。

大量に使ってしまうと、髪が重くなってしまい、せっかくのブローが台無しです。

指先に少量を取りながら、少しずつセットを行います。

夕方になると、ボリュームがなくなってしまう方は、スプレータイプかホイップタイプのスタイリング剤を使うようにしてください。

スプレータイプは、頭皮に直接付かないように、髪の根元を立ちあげ、毛先に向かってスプレーするとボリュームのあるスタイルを楽しめます。

ワックス・スプレータイプのどちらも、軽くスタイルをキープしてくれるスタイリング剤を選んでください。

頭頂部をボリュームアップさせる3つの方法まとめ

髪をコーティングするシャンプーを使わない

髪と頭皮に優しい、アミノ酸系シャンプーがオススメです



ヘアオイルは、ボリュームアップではなくダメージ改善用

オイルは使いすぎると、ボリュームダウンにしかなりません。

ヘアアイロンの熱ダメージの対策、毛先を中心としたダメージ部分だけにヘアオイルを使ってください。

頭頂部付近や分け目付近にヘアオイルを使うと、テカテカとした油っぽい感じに仕上がります。

ヘアオイルは、ボリュームアップに使うのではなく、ダメージケア用としてお使いください。

ブローの仕方で、ボリュームアップができる

ドライヤー使い方を覚えるだけで、ボリュームアップができます。

【ボリュームアップできるドライヤーの使い方】